自宅に閉じこもりがちなお年寄りにとって、自宅とは違う環境での生活は気分転換にもなりストレスを発散できます。 また、家族で面倒を看ている家庭にとっても、介護疲れの軽減につながりますので、施設内容をご理解の上、条件に応じて有効に利用したいものです。
通所介護には、下記のようなものがあります。

通所介護とは

通所介護とはデイサービスの正式名称です。

在宅で介護を受ける高齢者の方に、日帰りでお食事や入浴、介護予防プログラム、レクリエーションなどをご提供する施設サービスです。

通所介護の対象者は、高齢者の方で、いろいろな方たちと触れあいたい、お友達と過ごしたい、自分の趣味を生かしてみたいという方です。
病気や事故などで身体に障害を持たれた方なども対象です。

通所介護の施設では、入浴・食事・各種介護・機能訓練(予防介護)・レクリエーションなどのサービスが受けられます。  通所介護では、目的にあわせて平行棒での歩行練習、バランス感覚訓練筋力訓練などお一人お一人に合わせた個人プログラムを作成し運動器機能の向上を図り日常生活での活動作などをスムーズに行えるようにしていきます

「施設サービス費」は介護保険の適用により、1割負担となります。

訪問介護に関して

ホームヘルパーが、介護等を必要と認定された方の家庭を訪問し、食事・入浴・排泄などを介助する「身体介護」や、掃除・洗濯・買い物・調理などの「生活援助」を訪問介護計画(ケアプラン)に沿って行います。

訪問介護サービスの利用に際しては、日常生活や身体の状況・希望などをケアマネージャーと相談の上、お一人お一人にあった適切なケアプランを立てますのでご安心ください。
自宅でお一人での入浴が困難な要介護者に対し入浴の介助を行います。

入浴の前後に体温や血圧などを測り健康チェックを行います。 高齢者にとっては、入浴は身体に負担が掛かりますので、入念なチェックが必要です。
訪問入浴介護サービスを利用する場合には、主治医と充分に相談した上で、介護サービス計画(ケアプラン)に従って行うことになります。

入浴時には、転倒の危険性や身体に急変が起こる可能性もありますので、お身体の不自由な方で入浴での不安がある方は当施設にお気軽にご相談ください。