交通事故に遭ってしまったら

人間の一生に於いて、交通事故に遭ってしまうということはそうそうあることではありませんが、事故は計らずして突然起こるものです。
もし、交通事故に遭ってしまったら… 特に初めての事故の場合などは、動揺してしまい何をどうしていいのか、どこへ連絡するべきなのか、どんな手続きが発生してくるのか、なにから手をつけていいのか判らないかと思います。

また、事故直後は動揺しているため、痛みが出ないケースが多々あり、外傷がないからとその場で示談をすませてしまったがために、後々後遺症を一人で抱えて苦しまれている患者様からの交通事故治療に関する相談は後を尽きません 。

交通事故の後遺症となる不快な痛みは、事故後数時間から数日後(個人差あり)と出てくるまでに時間がかかることが多いうえに、一生痛みと付き合っていかなければならないくらいの症状を抱えてしまう可能性が高いということを、是非知っておいていただきたいと思います。
万が一、交通事故に遭ってしまったら綾部接骨院へご相談ください。

速やかに救急(119)・警察(110)に連絡をする

加害者が警察に届けないと言っても、事故後のトラブルにつながるケースが多いため、きちんと通報しましょう。 事故の程度などを当人だけで状況判断し示談を済ませると、あとからむち打ちなどの痛みが発生した時に、病院の診断書と人身事故届けを提出しなければ、保険請求手続きに必要な交通事故証明書が発行されません。

事故が発生したら、必ず警察を呼んで事故処理手続きを行いましょう。
保険会社の担当者へもご連絡をいれるとスムーズな処理が出来る場合が多いです。

加害者情報を確認

免許証の提示を求め、加害者の氏名・住所、加害車両ナンバー・勤務先・保険会社(自賠責保険証・任意保険証)をきちんと確認しておきましょう。
その際、自分の連絡先や保険会社名も伝えるといいでしょう。

※事故現場で、損害賠償・示談・念書の話は絶対にしないようにしましょう。
 交通事故の後遺症認定の妨げになり、十分に損害賠償がなされない場合があります。
※事故の目撃者がいる場合は、後日証人が必要になる場合もあるので、
 氏名・住所・連絡先などを聞いておくことをおすすめします。

事故状況・関連物は残したままにする

目撃者情報は大切です。  示談の話し合いを左右する存在になることもあるから、現場を見てた方がいる場合は連絡先を聞くようにしましょう。
事故状況の記録・ビデオ・写真・車の破損状況の写真(各種角度で撮影)・身に着けていた衣服・事故車など、事故に関連する物は残せるだけ残しておきましょう。
事故原因・過失割合などで納得いかない場合に、真実を導き出す手がかりとなる事があります。